トラブル

Outlook 2016やOffice 365のOutlookで設定が変更できない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Outlook 2016やOffice 365のOutlookで設定が変更できない場合の対処法

最新の「Outlook 2016」や「Office 365のOutlook」を起動する際に、冒頭の写真のようなインターネットセキュリティ警告メッセージが表示されるようになってしまいました。

インターネット セキュリティ警告

接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。

対象のプリンシパル名が間違っています。
このサーバーの使用を続けますか?

これで「はい」をクリックすれば、正常にメールの送受信ができるのですが、毎回Outlookを立ち上げるたびに表示されてしまいます。こちらの警告は、Outlookが自動で設定してしまう、受信サーバーと送信サーバーの項目が間違えている際に表示されるのですが、設定を変更しても元に戻ってしまう、という現象が。。。

その際の、対処法をご紹介します。

修復が完了しても設定が元に戻ってしまう

「Outlook 2016」や「Office 365のOutlook」では、アカウント設定の変更方法が、以前のバージョンとは異なっています。しかも分かりづらいという。。。 以下の記事でOutlookの詳細設定を変更する手順を紹介しています。

>> Office 365 の Outlookでメールサーバーなどの詳細設定を変更する手順

 

ただ、上記の記事のようにOutlookの「ファイル」メニューから「アカウントの設定」で「修復」から設定を変更したとします。以下のように「アカウントが正常に修復されました」と表示され、無事に設定の変更が完了したように見えます。

上記の記事のようにOutlookの「ファイル」メニューから「アカウントの設定」で「修復」から設定を変更したとします。以下のように「アカウントが正常に修復されました」と表示され、無事に設定の変更が完了したように見えます。

テストメールも送受信されており、無事に設定が変更できたかと思えば、もう一度設定を確認しても、設定の変更が反映されていません。本来は、ここで設定の変更ができているはずなのですが、おそらくOutlookのバグなのではないでしょうか。

正常にOutlookの設定を変更する方法

そのうち解消されるかと思いますが、不具合が解消されるまでの対処法としては、コントロールパネルからメールの設定を変更することで、正常に変更できます。

Windowsの画面左下にある「Windowsのロゴマーク(スタートボタン)」をクリックして、アプリ一覧から「Windows システムツール」をクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。

Windowsの画面左下にある「Windowsのロゴマーク(スタートボタン)」をクリックして、アプリ一覧から「Windows システムツール」をクリックし、「コントロールパネル」をクリックします

 

コントロールパネルが開きますので「ユーザーアカウント」をクリックします。

コントロールパネルが開きますので「ユーザーアカウント」をクリックします。

次に「Mail(Microsoft Outlook 〇〇〇)」をクリックします。

次に「Mail(Microsoft Outlook 〇〇〇)」をクリックします

 

また、先ほどと同じ「アカウント設定」が表示されますので、今回は「変更」をクリックします。

また、先ほどと同じ「アカウント設定」が表示されますので、今回は「変更」をクリックします

 

すると今回は、Outlookの過去のバージョンと同じような画面で、詳細な情報を変更・設定できるようになります。しかも、こちらで変更された内容は、正常に反映されるので「設定前の状態に戻ってしまう」というようなこともありません。(2019年5月11日 現在)

すると今回は、過去のバージョンと同じような画面で、詳細な情報を変更・設定できるようになります

「対象のプリンシパル名が間違っています」の解消方法

「対象のプリンシパル名が間違っています」という警告が、毎回表示されてしまう場合の解消方法は、「受信メールサーバー(POP)」と「送信メールサーバー(SMTP)」の設定を、正式なものに変更することで解消されます。

特に独自ドメインのメールを設定している場合に、Outlookが勝手に「pop.〇〇〇.com」や「smtp.〇〇〇.com」などと設定してしまい、プリンシパル名の警告が表示されやすいようです。

例えば、私の使っているエックスサーバーでしたら、受信サーバーと送信サーバーは「sv〇〇〇〇.xserver.jp」に変更することで「対象のプリンシパル名が間違っています」という警告が表示されなくなります。

こちらは、レンタルサーバーによって入力する内容は異なりますので、お使いのレンタルサーバーで確認するようにしましょう。レンタルサーバーによってはドメイン名だけ(〇〇〇.com)の場合もあります。

まとめ

Outlookの「修復」から設定が変更できない現象は、おそらく不具合かと思いますので、そのうち解消されるのではないでしょうか。とはいえ、不具合が解消されるのもいつになるのか分かりませんので、メールの設定の変更は、当分はコントロールパネルからするようにしておけば確実ですね。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA