トラブル

【詐欺注意】お使いのMacでトロイの木馬ウイルスが検出されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【詐欺注意】お使いのMacでトロイの木馬ウイルスが検出されました

ホームページを閲覧していると、別ウィンドウで突然「すぐに行動してください。お使いのMacでトロイの木馬ウイルスが検出されました。[OK]を押して修復処理を開始してください。」というメッセージが表示されました。

そして、ページにはMicrosoftのロゴが表示され「システムは3つのウイルスに感染しています」と表示されています。「今すぐスキャン」と書かれていますが、これは詐欺ですので絶対にクリックしないようにしましょう。そもそも「お使いのMacで」と書かれていますが、使っているのはWindowsですけど。。。(^^;

偽のメッセージで「ボタン」をクリックさせようとする

まずは以下のような偽のアラート(メッセージ)が表示されます。

Web ページからのメッセージ

すぐに行動してください。
お使いのMacでトロイの木馬ウイルス(e.tre456_worm_win)が検出されました。

[OK]を押して修復処理を開始してください。

そして、まるでMicrosoftの公式サイトであるかのように装って、以下のような偽のページが表示されています。

システムは3つのウイルスに感染しています

PCは次のウイルスに感染しています 3 ウイルス。セキュリティチェックでは次の痕跡が見つかりました:2 マルウェアと1 フィッシング/スパイウェア。システムの損傷28.1% – いますぐ除去が必要です!

—– 省略 —–

今すぐスキャン>>

実際のパソコンの画面はこちらになります。

【詐欺注意】お使いのMacでトロイの木馬ウイルスが検出されました

突然、このような画面が表示されてしまうと、パソコンに慣れていないユーザーは、「どうしよう」と焦ってしまいますよね。ただ、そのような場合でも絶対に「今すぐスキャン」などと書かれているボタンは、絶対にクリックしないでください。アラート(メッセージ)の「OK」もクリックしない方が良いです。

もしボタンをクリックしてしまうと、本当にウィルスがパソコンに入り込んでしまったり、銀行情報やクレジットカード情報が盗み出されてしまったり、広告が表示されるようになってしまったり、色々と面倒なことになってしまう可能性があります。

ウィンドウ(メッセージ)の閉じ方

可能であればウィンドウの右上にある「×(閉じる)」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じてしまってください。偽のメッセージの場合は、ほとんどの場合が何も入り込んでいないので安心してください。

ただ、気になる場合には、お使いのウィルス対策ソフトで、パソコンをフルスキャンしておくと、より安心かと思います。Windows 10であれば、Windows Defenderというセキュリティソフトが入っているので、ウィルス対策ソフトを使っていない場合には、それでスキャンしましょう。

また、アラート(メッセージ)を閉じても何度も表示されてしまったり、ウィンドウが閉じられなくて、何もできなくなってしまうこともあります。その場合には、キーボードの「Ctrl」+「Alt」+「Del」を押してタスクマネージャーを起動して、ブラウザを強制終了してしまいましょう。詳細なやり方は、こちらのサイトで紹介しています。

>> 「Windowsセキュリティシステムが破損しています」は詐欺!

 

とはいっても、それが偽物かどうかなんて判断できないですよね。そんな時はまずは落ち着いて、画面をよく見てください。本物のホームページとは明らかに異なる部分があるのです。

本物のサイトとの見分け方

偽のサイトはURLがおかしい

まず、ウィンドウの上部にあるアドレスバー(ホームページのURL)の部分を見てみましょう。何やら訳のわからないアルファベットと数字の羅列と、「cloudfront.net」と書かれています。マイクロソフトの公式サイトのアドレスは「www.microsoft.com」になりますので、明らかに異なりますね。

ウィンドウの上部にあるアドレスバー(ホームページのURL)の部分を見てみましょう

本物のサイトは証明されている

そして、本物のマイクロソフトの公式サイトであれば、アドレスバーの右端に鍵マークがついています。鍵マークをクリックすると「www.microsoft.com」と書かれており、さらに「証明書の表示」をクリックすると「発行者」はマイクロソフトだということが書かれているのです。

本物のマイクロソフトの公式サイトであれば、アドレスバーの右端に鍵マークがついています

偽のメッセージは日本語がおかしい場合がある

今回の偽のメッセージは、そこまで日本語がおかしくはなかったのですが、明らかに日本語がおかしい場合があります。そのような場合には、ほとんどの場合が詐欺です。

おかしいと思ったら自分で検索して公式サイトを訪れる

よく分からないからといって、ページに書かれているお問い合わせ先に電話したり、メールをしたり、ボタンをクリックしたりしないようにしましょう。普段送られてきている書類があれば、そちらに書かれている電話番号に電話するようにします。

書類がない場合には、必ず自分で検索をして、公式サイトを訪れてから、お問い合わせするようにしましょう。

まとめ

このような場合には、まずはネットで検索してみましょう。表示されているメッセージを検索すれば、ほとんどの場合がヒットします。これにより偽のメッセージなのかが分かると思います。

パソコンが使えない状態になったとしても、最近ではスマホを持っていることが多いと思いますので、スマホでも調べられるのではないでしょうか。

まずは焦らずに、以下のことを心がけましょう!

・ボタンをクリックしない
・書かれているお問い合わせの電話番号に電話をかけたりしない
・よく分からない場合には、自分で調べてお問い合わせする

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 長谷川恒雄 より:

    ボタンをクリックしました。実行のボタンは不信に思いクリックはしませんでした。
    これでもまずかったでしょうね。口座から現金引き出しがされる危険性があるでしょうか?とても参考になりました。

    1. pc-jozu より:

      コメントいただきましてありがとうございます。
      「今すぐスキャン」をクリックしなければ、アラートの「OK」ボタンだけでしたら何とか大丈夫かもしれません。
      ただ、念のためウィルス対策ソフトのフルスキャンをしておいた方が良いかと思います。

  2. リノ より:

    macを使用しており、大きな警告音と共に同じようなページが現れて一瞬ひるみましたが、おっしゃる通りアドレスも日本語も不思議すぎたので、スクショだけ撮って×ボタンで閉じました。
    ページのファビコンとタブに表示される名前だけは「VirusFound – Apple」といっちょ前に作り込んでいたので、判断するまでに数十秒はかかりました…
    すぐに検索して、こちらを拝見した次第です。情報提供に感謝いたします!

    1. pc-jozu より:

      コメントいただきましてありがとうございます。
      お役に立てたようで幸いです。
      本当に、このような迷惑な詐欺行為が、完全に排除できるようになると良いですね。

コメントを残す

*

CAPTCHA