パソコンまめ知識

Outlook 2019で「クイック分類」のように未読メール一覧の表示させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Outlook 2019で「クイック分類」のように未読メール一覧の表示させる方法

今までWindows 7時代から使っていた、「Windows Live Mail 2012」を使っていました。ただ、既にサポートは終了してしまっており、Windows 7も2020年の1月にはサポートが終了してしまうことから、Outlook 365(1019)に乗り換えることにしました。

やはりメーラーが異なると使い方も違うので、色々と慣れるまでは大変ですよね。「Windows Live Mail 2012」では、「クイック分類」というものがあり、複数のアカウントを設定した場合でも、新着メールがまとめてすぐにわかるようになっていました。

ところがOutlookには、「クイック分類」がありません。
新着メールを確認するには、各アカウントを開いて、受信トレイを確認する必要があります。アカウントが複数あると、かなり面倒なんですよね。。。そこで、Outlookでも「クイック分類」と同じように未読メールの一覧を表示させる方法を紹介します。

Outlookの「お気に入り」に未読メールの一覧を表示

まずはOutlookの左側の領域(フォルダーウィンドウ)に「お気に入り」を表示させます。上のメニューで「表示」をクリックしたら、「フォルダーウィンドウ」をクリックして「お気に入り」をクリックします。

まずはOutlookの左側の領域(フォルダーウィンドウ)に「お気に入り」を表示させます。上のメニューで「表示」をクリックしたら、「フォルダーウィンドウ」をクリックして「お気に入り」をクリックします。

 

これで「フォルダーウィンドウ」の一番上に「お気に入り」が表示されます。次に、設定してあるアカウントの「検索フォルダー」をクリックして、「新しい検索フォルダー」をクリックします。

次に、設定してあるアカウントの「検索フォルダー」をクリックして、「新しい検索フォルダー」をクリックします。

 

新しい検索フォルダーを設定するウィンドウが開きますので、「メールの読み取り」の項目にある「未読のメール」を選択して「OK」をクリックします。

新しい検索フォルダーを設定するウィンドウが開きますので、「メールの読み取り」の項目にある「未読のメール」を選択して「OK」をクリックします。

 

すると、検索フォルダーの下に「未読のメール」が表示されますので、クリックして「お気に入りに追加」をクリックします。

すると、検索フォルダーの下に「未読のメール」が表示されますので、クリックして「お気に入りに追加」をクリックします。

 

これにより、「お気に入り」に未読のメールが表示されるようになります。他のアカウントも、同じように「検索フォルダー」から「未読のメール」を作成して、お気に入りに追加します。

これにより、「お気に入り」に未読のメールが表示されるようになります。他のアカウントも、同じように「検索フォルダー」から「未読のメール」を作成して、お気に入りに追加します。

まとめ

これで、「お気に入り」に各アカウントの未読メール一覧がまとめて表示されるようになります。Windows Live Mail 2012の「クイック分類」と全く同じというわけではありませんが、各アカウントの未読メールをまとめて確認できるので、かなり時短になります。

【その他のOutlook関連の記事】
>> Outlook 2016やOffice 365のOutlookで設定が変更できない場合の対処法
>> Office 365 の Outlookでメールサーバーなどの詳細設定を変更する手順

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA